新百合ヶ丘の葬儀で恥をかかないために!知っておきたい傾向とマナー

やはり気になる葬儀の香典返し!新百合ヶ丘での傾向とは

お葬式に向かう夫婦

新百合ヶ丘での葬儀も済んで一息と言う時、お香典返しをどうしようかという問題が起きてきます。特に仏式での葬儀の後は、必ずと言っていいほど発生する問題です。勿論、「新百合ヶ丘」などの地域によっての違いもありますが一般的に、祝儀は倍返し、不祝儀は半返しと言われています。結婚式などのおめでたい儀式の場合は、お祝いの倍額くらいの金額の物を、お葬式などの不祝儀の場合は半額位の物を返すと言う事です。
しかし半返しと言っても、全ての弔問客のお香典を律儀に計算して品物を、というのは物理的に無理と言っていいでしょう。大体の線で、例えば1,000円以下、1,001円以上3,000円以下、等というように金額のラインで決めるのがよろしいでしょう。カタログなどで選ぶのが、簡単でおすすめです。またこれも新百合ヶ丘などの地域性や場合によっては葬儀社のおすすめとして、当日にお持ち帰りの香典返しをお渡しする、と言う形があります。これだと後からあれこれ考えずに済みますし、スマートに完結させることができます。
葬儀のお香典返しの特色としては、消え物、つまり食べ物などで後に残らないものが望ましいとされています。食品の他には石鹸などが喜ばれますが、同じ食品でも肉や魚と言った生臭は避けるのが一般的です。

新百合ヶ丘での葬儀の特徴!社葬や合同葬も一般的です

パールのネックレス

新百合ヶ丘で会社の社長などがなくなった時には、会社の社員を集めて葬儀を行ったりすることが一般的です。この時に行う葬儀のことを社葬・合同葬といいますが、この二つにはちょっとした違いがあります。 社葬とは、創業者や会社に貢献した社長、重要な役員などの葬儀を会社が費用の全部、又は一部を負担して行う葬儀となります。社葬の流れとしては、まず一番最初…

TOP