新百合ヶ丘の葬儀で恥をかかないために!知っておきたい傾向とマナー

新百合ヶ丘での葬儀のマナーとは?地域のルールがあることも

火葬場に持ち込まれた柩

新百合ヶ丘の知人の訃報が届いた新百合ヶ丘とき、悲しむと同時に動揺するためか、本人に悪気はないもののご遺族に対し礼を欠く行動に走る場合があります。実際のところ、葬儀の前後は悲しみに暮れる時間が取れないほど忙しいものです。ここでは、葬儀に際し控えるべきマナーについてご紹介します。
訃報の一報が入ったとき、ご遺族に電話連絡を入れるのは控えましょう。お葬式の段取りに追われ、取り込んでいる場合が多いためです。お悔やみは参列の際、または弔電を打つ配慮を心掛けます。お葬式前の新百合ヶ丘の喪家への訪問は、お悔やみの言葉だけを述べて早々に引き上げるのがマナーです。
反対に近親者や新百合ヶ丘のご近所の方は、何か手伝えることはないか、進んで伺いましょう。参列したときのマナーも大切です。開始時間前には葬儀会場に入っておくのが基本的な常識です。諸事情により遅れ受付がすでにいない場合には、お詫びを述べ香典を渡します。香典に新札を使うのは、予め用意していたと捉えられるため控えます。通夜ぶるまいを遠慮することも失礼にあたるため、お断りしないよう心掛けましょう。箸を付けるだけでも構わず、通夜とはいってもご遺族は心労で疲れているため、長居は控えるべきです。

新百合ヶ丘での葬儀の特徴!社葬や合同葬も一般的です

パールのネックレス

新百合ヶ丘で会社の社長などがなくなった時には、会社の社員を集めて葬儀を行ったりすることが一般的です。この時に行う葬儀のことを社葬・合同葬といいますが、この二つにはちょっとした違いがあります。 社葬とは、創業者や会社に貢献した社長、重要な役員などの葬儀を会社が費用の全部、又は一部を負担して行う葬儀となります。社葬の流れとしては、まず一番最初…

TOP