新百合ヶ丘の葬儀で恥をかかないために!知っておきたい傾向とマナー

新百合ヶ丘での葬儀でネイルはNG?最低限のマナーを確認

数珠を持って合掌をする

新百合ヶ丘に限らず葬儀におけるマナーはいろいろありますが、ネイルをしている人は葬儀の際に頭を抱えることになるかもしれません。やはり、葬儀という機会にネイルをしていく時には、気を付けないといけない事があります。ここでは葬式にしていくネイルについて知りましょう。
・葬儀でも容認されるネイルの色
葬式でも礼を欠かないネイルの色は例えば透明やベージュ、薄ピンクなどです。葬式なのだから黒色をしてもいいのでは?と思う人もいるかもしれませんが、やめておきましょう。理由は黒い爪で焼香をしたり、手を合わせたりする姿を見た時に他の人が威圧感を感じて不快な気分になる可能性があるからです。普段のおしゃれでするのはいいですが、葬式の場ではやめておきましょう。見た時に違和感のない清潔感のある色にしましょう。
・葬儀で避けるべきネイルの色
葬式で裂けたほうが良い色は黒、赤、原色系、ラメ、デコレーション系、白などです。ポイントは、派手な色や目立つ色、柄などは避けるという事であり、これは新百合ヶ丘に限らず、全国的に見ても一般的な常識です。
・派手なネイルを隠す方法
仕事柄派手なネイルをする必要がある人もいます。さらに、新百合ヶ丘での仕事の合間や帰りに葬式に参加する事もあります。そんな時には黒の手袋をするとネイルを隠す事ができます。黒の手袋をする事は葬儀の場所でマナー違反にはなりません。

新百合ヶ丘での葬儀の特徴!社葬や合同葬も一般的です

パールのネックレス

新百合ヶ丘で会社の社長などがなくなった時には、会社の社員を集めて葬儀を行ったりすることが一般的です。この時に行う葬儀のことを社葬・合同葬といいますが、この二つにはちょっとした違いがあります。 社葬とは、創業者や会社に貢献した社長、重要な役員などの葬儀を会社が費用の全部、又は一部を負担して行う葬儀となります。社葬の流れとしては、まず一番最初…

TOP